岐阜の名物・名産の鉄板といえば?

岐阜の名物・名産の鉄板【おみやげ・食べ物】

全国47都道府県の中では、若干存在感の薄い岐阜県。

 

今回は岐阜県の名物・名産の鉄板と言えば
何なのかを簡潔にまとめました♪

 

これから岐阜に行かれる予定のかたは参考にしてみてください!!

 

岐阜県の名産品と言われてもすぐに思い浮かぶ人は少ないと思いますが、
そんな岐阜県で近年知名度を上げているのが、明宝ハムです。

 

 

岐阜市からは少し離れた、郡上市で作られているハムです。
(ちなみに、郡上地方は「郡上おどり」でも知られています。)

 

明宝ハムの特徴は、国産の豚肉を100%使っていること、
そして添加物や保存料の使用を極力抑えていることです。

 

昔ながらのプレスハム(肉の塊をそのままハムにするのではなく、
塊を塩せきして、つなぎを加えて練り合わせるハム)なので、
ソーセージに少し似ていて、どこかなつかしい味です。

 

そのまま食べてももちろん美味しいし、野菜などと一緒に炒めても美味しい!!

 

明宝ハムの人気によって、最近ではスモークしたハムや
ソーセージも作られるようになり、種類の数もとても豊富になりました。

 

また、同じく郡上市明宝で作られている明宝ケチャップもおススメ。
トマトの味がギュッと凝縮されていて、そのままトマトソースとして使っても美味しいです。

 

また、岐阜県の地域として、かなりの知名度があるのではないかと思われるのが飛騨高山です。
その飛騨高山の鉄板名産としてあげられるのが「高山ラーメン」。

 

 

地元では「中華そば」と呼ばれています。

 

ちぢれ麺と醤油味のスープ、
そして具は白ネギとメンマ、チャーシューだけというシンプルなもの。
(卵を入れたり、ワカメやもやしをトッピングするということは、地元ではまずありえません。)

 

和風ラーメンの味わいで、ボリュームもそれほどなく、お夜食に、
そして呑んだ後の1杯としても美味しく食べられるラーメンです。

 

高山ラーメンは地元の土産物店などでも、
麺とスープのセットで売られていますが、その多くは簡易スープで保存もきくタイプのものです。

 

ここは是非、液体スープが一杯分そのまま付いている、
保存がきかない冷蔵・生麺のセットを試してほしいです。

 

持ち帰るには少々重いのが難点ですが、飛騨高山の味を自宅でも味わえる鉄板土産です。

 

page top